2016年02月17日

上毛カルタ巡り「との編」

利根は板東一の川
利根川に掛かる橋は群馬県内だけでどの位有るのだろうか上流部水上から下流部利根大堰を越え明和町から東北道を越えるまでが県内だ先日渋川に行き帰りに渋川から前橋市内迄幾つ位橋が有るのか大正橋を渡り北橘を経由坂東橋に出て利根川べりを通り見て来た。坂東橋際に大正用水の取水口が有ったのも忘れて居た

上毛カルタ巡り「との編」

上毛カルタ巡り「との編」

右大正橋、左は上越線鉄橋
若い時代、小作百姓から自作農を目指し、旧赤城村の高原に2,8ヘクタールの開拓地を居抜きで買い、幼い子供達を両親に預け妻と住み込みで真剣に高原野菜の栽培に励んだ事が有り、当時は未だ高原野菜の魁だった時代だ。開拓地への行き帰り高原野菜の出荷にも大変お世話に成った思い出深い橋である。
上毛カルタ巡り「との編」

上毛カルタ巡り「との編」

坂東橋際に大正用水の取水口が有って群馬用水も引かれ利根川の水の有難さをつくずく感じる。

上毛カルタ巡り「との編」

上毛カルタ巡り「との編」

上毛カルタ巡り「との編」

上毛カルタ巡り「との編」

昔は渋川の大正橋から下に坂東橋、次は前橋の大渡橋,そして利根橋だった。其の間の橋を見て来た、先ず大正橋、関越道大橋、坂東橋、坂東橋の下に国道17号の新しい橋新坂東橋、吉岡町から国道17号に繋がる上毛大橋、そして昔からの大渡橋、競輪場そばを跨ぐ中央大橋
、此処で県庁舎32階展望室に上がり南側を望むと直ぐ傍を群馬大橋が有りその下に昔からの利根橋、並んで両毛線、その下に平成大橋、南部大橋遠くに高崎から駒形に行く昭和大橋も
確認出来た、帰りは群馬大橋を渡って帰宅したが、渋川大正橋から高崎駒形線まで12橋もかかって居り、橋の激増振りには驚きました。
上毛カルタ巡り「との編」

上毛カルタ巡り「との編」

上毛カルタ巡りのお蔭で、考え方、見方も違って来て改めて多くの事が学べ、群馬を知る事が出来、間を見つけては上毛カルタ巡りをt続けたい思って居る。

同じカテゴリー(上毛カルタ巡り)の記事画像
上毛カルタ巡り「この編」
上毛カルタ巡り「しの編」
上毛カルタ巡り「しの編」
上毛カルタ巡り「にの編」
上毛カルタ巡り「ゆの編」
上毛カルタ巡り「ねの編」
同じカテゴリー(上毛カルタ巡り)の記事
 上毛カルタ巡り「この編」 (2016-04-04 15:34)
 上毛カルタ巡り「しの編」 (2016-03-28 08:48)
 上毛カルタ巡り「しの編」 (2016-03-25 10:21)
 上毛カルタ巡り「にの編」 (2016-03-11 08:06)
 上毛カルタ巡り「ゆの編」 (2016-03-09 05:37)
 上毛カルタ巡り「ねの編」 (2016-03-07 06:30)

この記事へのコメント
後閑様

大正橋の思い出、根性物語ですね、たしかに「生きてきた」ということが物語られています。ちゃらんぽらんに生きてきた自分はお恥ずかしい次第です。

利根川に橋が架かるということは、とてつもおないお金がかかることです。全て国、地方の税金から作られますが、そのとてつもないお金の借金なのですが、ペイできればこれに越したことはありません。

橋ができればできるほど住民、国民は豊かに便利になります。しかし、上述のように途方もない借金ともなると、今後どうなるのでしょう。実は深刻なはずなのですがは、ぼんやりとして、他人事のような気がしてしまいます。本当は恐ろしいことなのに不思議ですね。

広沢虎造の名調子「浪曲 名月赤城山」
    -利根の川で産湯を使い 赤城おろしが子守唄・・・-

よう!待ってました 大統領1! 利根の川が出てこないといけませんw
Posted by 庄野勝久 at 2016年02月17日 16:03
庄野さん毎度コメント有難う御座います。
我が家は昭和19年に東京から経営して居たアパート経営も撤収され本家の叔父さんは戦地へ行き、郷里には年寄りと女子供だけに成って終い義父は見て居られず家中で田舎に引き上げ、撤収されたアパートの金は新円切り替えに合い何も無く成って終まった家になった訳で、一緒に成った妻と何とかなりたいと一生懸命に働いて来ました。

妻と一緒に成った当時は他人様の田畑を小作して居ました、旧赤城村の開拓地の売り物が見付かり当時自作農維持資金を農協から借りて買い取り、幼い子供は両親に預け泊まり込みで農作業に励んだ時代が有って大正橋には特別な思い出が有るわけなのです。
庄野勝久様  後閑林司郎
Posted by 林ちゃん林ちゃん at 2016年02月18日 09:43
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
上毛カルタ巡り「との編」
    コメント(2)