2017年04月24日

4月23日開催された中村悦子コンサート2017を観賞して

昨年に続き今年も箕郷の従兄に誘われ送り迎えで鑑賞する事が出来た。会場は高崎市文化会館大ホール、会場に着いた途端、前年とは比較に成らないレベルの高さを感じた。主催中村悦子後援会のタスキを掛けた多くの人が目に着いた。
開場前にロビーは人で溢れて居た、
開演に当たり後援会長さんの挨拶から始まり、友情出演の踊りあり、オンステージで生の楽団でまゆの思いから歌い始めたがプロは違うなと驚いた声量、スタミナで5曲続けて歌い喝采を浴びた。






合間に楽団ザビーネッツの生演奏や友龍太鼓の和太鼓も演奏されたり、次々と3時間近く休みなく続けられ、途中歌を歌いながらホールの観客と握手して廻り支度を変えては歌い、幾らプロでも良くあそこまで歌えるものだ、スタミナが持つものだと感心した。



途中で後ろを振り返って見てみたが満席状態で驚いた。





素晴らしいコンサートを鑑賞させて呉れた箕郷の従兄には大きな感謝で有る。  


Posted by 林ちゃん at 16:56Comments(2)催事

2017年04月23日

本家の果菜苗も植え頃に成って

私が野菜作りに専念出来るのは本家の大将におんぶに抱っこで大きく助けられているから出来ると何時も感謝して居る。
先日本家の大将の母方従兄達が2台の車に分乗して大挙して果菜苗を買いに来た。本家では数十種の果菜苗を国府果菜苗組合の一員として育てて居て毎年この時期に母方の従兄達は果菜苗を揃って買いに来て居るとの事、私も良く知って居る人達なので私が作った自慢の野菜を貰って戴いた。


従兄達の皆さんは私の新聞に掲載された投稿文の話しやパソコンのブログの事にも話を持って行き賑やかに語り合った。身に余るお褒めの言葉も戴き恐縮して居る最後に集合写真に収まって呉れお帰りに成った。





  


Posted by 林ちゃん at 05:31Comments(2)菜園日誌

2017年04月22日

地元紙投稿欄に掲載されて

去る4月2日地元紙に掲載された私の拙文ですが、短文の自分史です。拡大コピーし写真に撮ってアップした物ですが鮮明で無いので申し訳ありません。

先日ラジオで聞いたのですが生涯一つの職業で生きた人の事は「一毛作人生」と話し、幾つも職業を変えた人は「多毛作人生」だと話されて居た。ラジオを聴きながら幾つも職業を変えて来た私は正に多毛作人生だったなと思いこの文を書くきっかけに成りました。
84歳に成った現在、野菜作りに再び専念して居りますが、「仕事をして居ると云う観念は全く無く、畑に遊ばせて貰って居る」という感覚なのです。
神様が何時まで菜園作業を楽しませて呉れるか解りませんが身体にも手を入れ乍ら倒れる其の日まで続けたいと思って居ります。

  


Posted by 林ちゃん at 05:23Comments(4)

2017年04月19日

今年もスコップによる5段堀りが出来て

体力は年々退化するものだ。84歳に成った今年果たして5段堀りが出来るのか
恐々初めて見た。足は膝が痛いが腰の痛みは感じない昨年と少しも変わらない
私の大好きな言葉に『汗をかくほどに豊かな確実な収穫が約束される』もう何年も深堀りをして植えているが其の効果は大きく昨年茄子の草丈が3メートル以上伸びた。手を入れた通り百パーセント応えてくれる作物達。
全部1条の長さは5メートル50だが5段堀が6条、4段堀を9条掘り切った。
収穫時の作物たちを瞼に浮ばせながらの5段堀りなので今年腰の痛みは全く感じず掘り切る事が出来た。後は堆肥を混
ぜながら埋め戻し4月下旬に植える準備だ。



>昨年の茄子の草丈私の背丈よりはるか上まで伸び収穫するのにコンテナに上がって収穫した。

私が住む直ぐ傍に上野国分寺史跡が有り、合併前は国府村と云い、野菜の名産地で有り、国府人参を栽培種まで取っていた。人参を播種するのに昔は皆さん深掘りして人参を栽培して居た。当時此の深掘りを「かまぼり」と云って居た。私が深掘りして居ると70代以上の人は『林ちゃん良くかまぼりするね』と声を掛けて来る。現在は死語に成って居るが先日子供の頃からかまぼりに手伝った事も有ったがかまぼりとは如何云う字を書くのか、又起源は何時なのか気に成り昔の資料は無いか教育センターに行きお伺いすると図書館長さんに電話をして呉れ紹介して呉れた。図書館長さんは長い時間を掛け、国府村村史、高崎市合併前の群馬町町史、群馬県史等調べて戴きましたが、この件は記載して無く残念ながら解らなかった。図書館長さんは村だけの言葉だったのでは無いでしょうかと話された  


Posted by 林ちゃん at 05:12Comments(2)菜園日誌

2017年04月13日

綺麗で長く見させて呉れた今年の白もくれん、桜

当地は風が強い群馬県、白もくれんは咲き始めたと思うと強風が吹き茶色に変色見る影もなくなりがっかりさせる年が多いいが今年の春は強風が吹かず、いつまでも真っ白に綺麗に咲いて居てくれ、又桜の花も咲き始めてから気温も低く、強風も吹かなかったので長く持って本当に長く楽しませて呉れた春の花達だった。


街路樹の白モクレンも綺麗だった







林ちゃんの隠居部屋ブログの更新も暫く休んで居たが、多くの知人、友人から身体壊したのかとの電話戴き恐縮して居る。いやー菜園に専念して居て間が無いのだと話すと林ちゃんの菜園は大いに参考に成るので度々ブログに菜園の様子を載せて呉れとの声も多く戴き、菜園の様子も順次ブログにアップしたいと最近思って居り、近く始める積もりです。その節は宜しくお付き合いお願いします。

  


Posted by 林ちゃん at 05:03Comments(2)その他

2017年01月21日

今年初めての地区いきいきサロンに出席

平成29年1月20日,今年初めての地区いきいきサロンに出席した。・昨年は菜園に熱中した一年でいきいきサロンには欠席が多かった。
今年は菜園もほどほどにして毎回いきいきサロンには出席したいと考えて居る。
いきいきサロンは地区民生委員さん,サポーターの皆さんの協力で高齢者を半日遊ばせて呉れる。歌あり、筋トレ、脳トレ、時には外部より講師を呼び講演して下さる誠に有り難い事業です。
今日のトランプのババ抜き、上毛カルタも楽しく競い合った時間でした。


区長さんも毎回御越し下さいますが,この日も最初に区長さんより年頭のご挨拶を戴き始まりました。



  


Posted by 林ちゃん at 08:39Comments(2)催事

2017年01月02日

平成29年新春を迎えて

平成29年新春を迎えて、今年も榛名山中腹善地梅林展望台より初日の出を拝む事が出来た。此の展望台には車百台以上駐車出来るので今年も多くの人が来て居た。
東の空には雲一つなく素晴らしい初日の出を拝し商売繁盛、家族の健康平穏無事を祈願した。








帰りに娘が嫁いだ家により帰省して居た孫夫婦、九月に産まれた三人目のひこ孫にも会え、抱かせて貰った。ひこ孫は産まれて未だ三カ月に満たないのにあやすと手足をばたつかせ声を出して笑顔で対応したのには驚かされた。何と現在の赤ん坊の育ちの速さには本当に驚くばかりだ。

ひこ孫の可愛さは格別のものが有った。
帰宅して9時よりの地区鎮守様での元朝式に参列、多くの区民と新年の挨拶が出来た。続いて菩提寺と妙見尊に年始参拝。
茅葺の屋根に近年板金を張った建立三百年を超す門が有る実家へのご年始と午前中に恒例に成って居る諸行事を無事済ませ午後はゆっくりパソコンに向かい、元旦の一日を嬉しく楽しんだ。







  


Posted by 林ちゃん at 15:22Comments(4)催事

2016年12月10日

国府白菜祭り開催される

12月10日、私の住む高崎市旧国府地区JAで恒例の白菜祭りが開催された
今年は白菜が高値だが市価より安価に販売されて居て皆さん2玉束を5、6個ずつ買い求め台車に載せて直ぐ隣りの国府小学校の校庭の駐車場に運んでいた。




。私は毎年来る魚屋の塩鮭が大好きで大きな塩鮭を1匹買った。
毎年開店する新潟の金物屋さんは切れ物は良い物でなければ駄目だと良く口にして刃物を売って居たが今年は思い切って高いきばさみを買った。


農協婦人部が売って居た焼きまんじゅう多くの人が並んで居て買えるまで時間が掛かった。

炭火で立てて焼く塩鮎も大好きで買って来た。風が冷たく感じたが、良い天気で何よりの白菜祭りだった。
明日12月11日日曜日も今日と同じく午前9時より午後3時まで白菜祭りは開催されますので是非お出掛け下さい  


Posted by 林ちゃん at 13:55Comments(3)催事

2016年11月02日

第41回茨城県大洗町芸術文化祭の交流会に参加して

去る10月30日第41回茨城県大洗町芸術文化祭の交流会に参加しました。大洗町とは詩人山村暮鳥による縁で、高崎市旧群馬町地区では大洗町と友好都市契約を結び種々交流を進めて居りますが、来年が40周年に成るとの事です。
今回、旧群馬町地区「高崎市文化協議会群馬支部」では支所大型バスにて支所長さん、地域振興課長さん、地域振興課係長さん、高崎市文化協会長さん、群馬地区支部長さんを始め40名にて出掛けました。


交流会が開催される文化センターに行く前に大洗町に建立されて居る2基の石碑を見学しました。石碑への案内板が各所に貼られて居て、大洗町の慕鳥への思いやりを強く感じました。Ⅰ基目は大洗海岸に向かう松林の中に建立されて居り、2期目は住宅地の中に有り、地元暮鳥愛好家の先生が来て説明して呉れました。
急な松林で有ったが石碑を立てる為、大金を掛けて地盤を強固に平らにして建立されて居り地元先生は先の大地震にも耐えたのだから安心だと話されて居りました。老漁夫の詩が刻まれて居り、暮鳥の写真まで刻んで有って、素晴らしい石碑で驚きました。暮鳥終焉の地大洗町の暮鳥への愛着の深さを強く感じました。






昼食は交流会の一巻で、到着歓迎のセレモニーには胸を打たれました。町長さん文化協議会長さん初め大洗の幹部の皆さんが揃い挨拶に續き昼食でしたが、タコの炊き込みご飯でとても美味しく戴きました。


gunmablog.net/usr/r/i/n/rinchan/IMG_0755.jpg" alt="">

終わって、舞台には小、中学生の吹奏楽が始まり、小さな子が大きな金ぴかの楽器で、上手く奏でる音楽に堪能されました。広い観覧席も大勢の父兄も見に来た様で混んで居ました




予定の時間と成り帰路に着きましたが、見送りのセレモニーにも感動しました。
11月13日には群馬地区の文化祭が有り、大洗町からも交流会に御越しに成りますので、大勢の人達と共に暖かく歓送迎をしたいと思って居ります


  


Posted by 林ちゃん at 06:12Comments(2)催事

2016年09月18日

引間区敬老会に招待されて

平成28年9月18日1日早く私の住む引間区敬老会に招待されて行って来た。生憎雨だったが多くの人が集まった。
演芸の部で地域子供会の小学生の歌から始まり、私も詩吟富士山を吟唱させて貰った。招待された人たちの中にも多くの芸達者が居て出演、大きな拍手を受けて居た。最近此の敬老会も毎年開催される様に成って、区長さん、班長の皆さんには大変御苦労を戴く

敬老会開会のセレモニーが終わり演芸の部地元小学生の合唱から始まった



演芸の部も招待者の発表の場の様だ
近くの人で小さなお皿から大きな皿まで皿回しを見せて呉れた。見事なものだった。



上の日本舞踊、ムツゴロウさんの踊り二人とも招待者だが、素人の域を超えて居た。
暫く菜園に熱中して居り、パソコンにも向かえずに居たが何処まで思いだしてアップ出来るか誠に不安だったが始めて見た。思い出せて見事アップ出来る様なら少しずつブログも再開したいと思う。少なくともパソコンには毎日向き合う様に努力したいと思う
  


Posted by 林ちゃん at 15:29Comments(0)催事

2016年07月26日

地域「妙見様」の夏祭りに参加して

各地で夏祭りが盛大に開催されて居るが、私の住む地域でも去る7月24日盛大に開催されました。
埼玉県秩父神社は此の花園妙見尊の分祠で昔から有名な古刹で有る。夕立が心配のこの時期、妙見様ならぬ雨見様と云われる程雨に遭遇する事が多いい妙見様夏祭りで有るが今年は梅雨の中休み、天候に恵まれこれ程まで人が集まるのかと驚く程の大盛会の夏祭りでした



画像:IMG_0528_1.jpg>


祭りは親子みこしの元気な巡行から始まり、夜10時まで華やかに盛大に開催され一昨年我がクラスメートが作詞作曲した国府音頭も大勢の人が踊った。






旧国府地区は8字有り、其の内稲荷台、東国分、北原と3字に和太鼓愛好会が有って字ぐるみで真剣に練習を重ね、中には就学前の児童も居り,其のばちさばきは見事な物だ。
3字和太鼓愛好会の皆さん、観音寺八木節会の皆さんも、その他出演された各チームの挨拶で練習の成果を発表の機会を戴き光栄ですと挨拶して居た。
その他三つ寺子供獅子舞、多くの指導者の方々には頭が下がる思いで鑑賞しました。





帰宅前露天商の店を訪問したがだいぶ売り上げが有ったと喜んで居た。


ブログの更新を暫く休み多くの方から如何したとの電話も有り、恐縮至極ですが体の方はいたって元気です。今年は菜園に熱中して居り、素晴らしい成績を上げて居ります。本日は雨で菜園休み久し振りに更新しました。
  


Posted by 林ちゃん at 14:33Comments(2)催事

2016年04月23日

引間区いきいきサロンに春の旅行に参加して

4月22日引間区いきいきサロン春の旅行に参加しました。毎度福祉センターのマイクロバスにての旅行であり、運転手さんは何時も青山さんで御苦労戴いた。
23日、24日と八重桜祭りを開催すると云う白井宿の満開の八重桜を車窓より観賞、見事な八重桜並木、道の駅子持ちにて最初のトイレ休憩、此処でも八重桜が満開で見事だった。


/IMG_0234.jpg">


目的地に着く前に月夜野びーどろパーク、ガラス工場を見学、若い職人さんが大勢真剣に仕事をして居り感心しました。工場の隣には土産を売る店も有り、テーブルの土台から、椅子、柱から屋根まで全てガラス製品さすがだなと思いました。





そして目的地の猿ヶ京まんてん星の湯、豪華な昼食、地ビールの美味さ、皆大満足だった。



    昼食後湖を望め景観の良い表に出て記念撮影。
此処で民話と紙芝居の観賞、一番初めに民話を話され、400話も話したと云うおばーさんのビデも見せて貰った。誠に聴き良い話しぶりだった。




いよいよ帰路に着く前、まんてん星の湯の方からここから5分も行けば綺麗な桜が見られますとマイクロバスに乗りこみ案内して呉れた。お蔭で素晴らしい桜観賞が出来た。此の地は大田和地区所有のお山で花の山に造成中との事、広い公地に水仙の花も咲いて居たし、花の終わったソメイヨシノも多く植えられていた。数年たてば素晴らしい花の山に成ると思いました。前日は雨この日は素晴らしい天気で最高の春の旅行だった。



  


Posted by 林ちゃん at 06:15Comments(2)旅行

2016年04月14日

高崎信用金庫年金友の会日帰り旅行に参加して

4月13日第18回高信年金友の会の日帰り旅行に参加しました。
今回一番に新潟県長岡市悠久山公園の桜見学、広い園内にはソメイヨシノ、枝垂れ桜、八重桜2500本も植えられて居り、ソメイヨシノ、枝垂れ桜が丁度満開で迎えて呉れた。園内には多くの屋台が並んで営業して居り、駐車場も良く整備されて
居て長岡市民の憩いの公園なのだと思った。私達バス5台の花見客の他、3ケ所有った駐車場も満杯、多くの花見客で混雑して居た。



バス5台無事新潟県長岡市悠久山公園に到着.蒼紫神社の参道でも有り足元には水芭蕉が花を咲かせ迎えて呉れました。








満開の桜の花を椿の花を大いに堪能してメーンでも有る昼食宿に向かった。昼食宿は六日町の田の中のホテル六日町温泉。靴を履いた儘で大部屋に通された。これはホテルでは初めての経験である。


昼食後道の駅魚沼の里に行きましたが、此処でも桜満開で迎えて呉れました。気温も予報通り22度も有り、風も無く絶好のお花日和に恵まれた今回の新潟県へのお花見旅行でした。  


Posted by 林ちゃん at 09:36Comments(1)旅行

2016年04月11日

町田カラオケ教室ふれあい歌謡ショーに参加して

去る4月10日、高崎市やすらぎの湯で開催された町田カラオケ教室ふれあい歌謡ショーに参加しました。
主催は町田英人歌謡教室、後援群馬県歌手協会,準会員でした。午前10時開式、
洋間の会場には無理して机を並べての観覧席、入りきれない程の人数で有った。
パンフレットを見るとプロ歌手の出演も予定されて居りましたが、私は自分の出番72番で吟唱させて戴き、所用の為帰宅しましたので後の事はアップ出来ませんが誠に盛大に掛け声も響き中座するのが誠に残念でした。
 


7



町田カラオケ教室各教室の交流、ふれあいを、又、日頃の練習の成果を発表する機会でも有り皆さん張り切って居ました。
この人が素人なのと思う程、声量も有り、歌の上手さに驚きました。圧巻は師匠町田英人氏が歌う歌に合わせて踊った友情出演橘舞踊会座長の踊は息が合い誠に見事でした。直ぐ上の写真。



衣裳を舞台衣装に着替えて壇上に上がるカラオケ教室の皆さん誠に鮮やかでした。特に瞼の母を歌った男性、声量もあり余りの上手さに聞き惚れ涙が出て来ました。途中で帰るのが誠に残念でした。



  


Posted by 林ちゃん at 05:45Comments(2)催事

2016年04月04日

上毛カルタ巡り「この編」

心の灯台内村鑑三
4月3日日曜日桜も満開の此の日久し振りに上毛カルタ巡りに出掛けた.。近場で高崎公園の傍にある内村鑑三ゆかりの頼政神社,光明寺に向かった。
一番先に行ったのが高崎山龍広寺だった。此の寺には村上鬼城の墓、元ロシヤ軍人の墓も有りました。






次に光明寺を訪ねました。鑑三が建立したと云う内村家5代の墓を写真に収め
ご本人のお墓は東京多摩霊園に有ると説明文には記されて有りました。
内村鑑三は何事にも厳しく、正しいと信じることをはっきりと主張する性格の為,日露戦争前に発表した『非戦論』という戦争反対の意見は、多くの人達から反発を受けました。この主張を生涯通して亡くなりましたが、その後の太平洋戦争で人々はその正しさを知る事になりました。
「上毛カルタを作った人たちは鑑三の戦争反対の考えと生き方を大切なものとして、日本の将来を導く明かりにたとへて「心の灯台」と表現しその人格をたたえた札ですとガイドブックに記して有ります





そして頼政神社に向かった。直筆漢詩「上州人」を写真に収めたが光線の関係で鮮明には撮れなかった。この漢詩は上州人を本当に良く詠って居ると思います。



頼政神社隣は高崎公園、満開の桜の下では多くの花見の宴が開かれて居りました


  


Posted by 林ちゃん at 15:34Comments(1)上毛カルタ巡り

2016年03月31日

今年始めてグランドゴルフ練習日に参加して

今年は菜園に熱中して居るのでグランドゴルフの練習に参加出来ずに居りましたので、長寿会仲間から林ちゃんが顔を見せないので張りが悪いよ出て来てよと何人からも電話を戴き先日の練習日に菜園作業の支度のまま行きました。
顔見せだけで帰ろうとしたら1ゲーム位練習してから帰ればと多くの仲間に云われクラブを持った。仲間全員が見てる前で今年初めて打った第1打が見事ホールインワンに成り大きな拍手を戴きました。今年の第1打がホールインワンとは自分でも本当に嬉しい物です。
昨年も菜園で作った物を練習日には持って行き喜ばれて居るので、今年も持って行く予定にして居るし、長寿会仲間も待って居て呉れる。




菜園作業も大事だが長寿会仲間との交流も大事であり、長寿会各行事に出来る限り参加する様にしたいと思って居ります。  


Posted by 林ちゃん at 06:13Comments(2)習い事

2016年03月28日

上毛カルタ巡り「しの編」

">しのぶ毛の国二子塚其の二
この日かみつけの里博物館を後にして近くの西光寺を参詣しました。西光寺には何回も参詣して居りましたが小高い丘の上にお宮が有り、宮にお参りする階段が有りましたが今迄階段を上る事が有りませんでした。今回階段を上って見るとかみつけの里博物館に飾って有った模造の石棺でなく古墳から掘り出した石棺が有り宮には古墳からの出土品を収納して有るようです。





西光寺には立派な宝篋印塔も建立されて居ました。



続いて復元され公園に成って居る八幡塚古墳を訪ねました。此処には写真の様に保渡田古墳群と八幡塚古墳について説明文が記されて居りましたので書き移します。
国史跡保渡田古墳群とは
榛名山東南の麓群馬県群馬町保渡田,井出にある「現在は高崎市」三つの前方後円墳の総称。何れも墳丘の長さ100メートル級の大型古墳、5世紀後半に二子山古墳,八幡塚古墳、薬師塚古墳の順で相ついで作られこの地に有力な豪族が居た事を示して居る。

八幡塚古墳の復元と整備
かってこの古墳は大きく削られていた。造られた時の姿に復元し活用する事が決定された。5カ年に渡る発掘調査の結果をもとに古墳に保存用の土を厚く盛って築造時の姿に復元整備した。
  


Posted by 林ちゃん at 08:48Comments(2)上毛カルタ巡り

2016年03月25日

上毛カルタ巡り「しの編」

しのぶ毛の国二子塚其の一
古代の群馬県「上毛野国」は、東国一の強固でした。東日本最大の大きさを誇る天神山古墳[太田市]を始め、現存して居ないものをも含めると一万基以上の古墳が有ったと云われて居るとガイドブックに記されて居り、近くの保渡田古墳群を訪ね一番に「かみつけの里博物館」に入館しました。
私は旧群馬町商工会主催で開催されて居るはにわの里祭りには毎年出店「現在は息子が継続」して居たがはにわの里博物館には入館した事が無く、今回が初めての入館でした。入館に当たり写真を撮影させて戴きたいと話すと許可書を戴き首に下げて館内の写真を撮らせて戴けたお蔭でアップ出来ます。




 




小学校の遠足で何か所もの古墳に行った事が有り、古墳の多さは知って居りましたが博物館の展示を観賞して改めて古代人について教えられました。


  


Posted by 林ちゃん at 10:21Comments(4)上毛カルタ巡り

2016年03月19日

引間町3月のいきいきサロンに出席して

3月18日、引間町いきいきサロンに出席しました。此の日は布句妙会「ふくたえかい」と云って日本舞踊を主体にカラオケも加え,各施設に慰問に行き、練習の成果を試しながら発表して居ると話されて居ました。
約1時間日本舞踊、カラオケと楽しませて呉れました。誠に見事な布句妙会の皆さんの慰問でした。


最初に引間区長さん、民生委員さんの挨拶に續き布句妙会皆さんの紹介が有って舞踊から始まりました。





一人70代前半と思える男性の空手の形を入れた舞踊が有りましたが体幹が整った舞踊は見事でした。前回のカラオケ、今回の舞踊、外部からの慰問団の招請も素晴らしい物だなと思いながら見させて戴きました。




約1時間皆さん真剣に観賞して,肩が凝った様でした。布句妙会の皆さんご苦労様でした。有難う御座いました。

  


Posted by 林ちゃん at 07:01Comments(2)催事

2016年03月14日

下仁田虻田の福寿草を観賞して

過日下仁田虻田の千本紅梅と福寿草の里を観賞して来ました。
254号線を右折妙義山に向って直ぐ看板の旗も有って分かりました。もう何年も前から観賞させて居た様でしたが、福寿草の栽植密度は今一でした。
部落の直ぐ傍から勾配の緩い斜面に植えられた紅梅の下に植えられて居りました。紅梅とのコントラストも良い早春の花福寿草、多くのお客さんが次々に見えて居ました。








満開の紅梅と福寿草園から見る虻田の家々、町おこしの一環として植えたものと思うが、維持管理も大変の様で夏には草退治も手間暇かかるので3百の協力金お願いしますと云われ協力券を買い入園しました
  


Posted by 林ちゃん at 08:31Comments(2)ドライブ